Kirschblueten_Detail



「桜の絵」の中に満ちた花の白色が私の心を動かし、視覚的色彩のアクセントまたは補足するものを模索していたときに、それを探し当てました。日本の門(鳥居)をみごとな朱色で描き入れることによって。日本を旅行中このような門を何度か見ました。殆どの場合壮麗な境内とともにありました。この門は私にとって、美学、調和、建築学上の完全さの代名詞です。日本人にとって多く鳥居は神社への道を示すところです。つまりある世界への入り口です。この世界は、あまりにも複雑で私には全く馴染みのないものですが、それでも私を魅了します。私自身、空想の中の散策で頻繁にこのような門を通ります。するとある種の「神秘的な空気」が私を捉え、慕情が私を捉えます。それは本来日本でしか見られないもの:人の手により人工的に変えられ、そしてそれゆえ正に自然に見える風景。そして建築家としての私はさらに、素材や植物を取り扱うときの典型的なスイス風の、往々にして無神経なやり方、と日本のそれとの比較もすることになります。彼ら日本人は、素材を、そしてその割合の取り扱いを承知しています。偶然に任せることは決してありません。全て互いに適合し、その環境と、それが屋外であっても屋内であっても、調和していなければなりません。日本で見られる多くのもの、例えば、砂や石の庭、枯山水に、表徴が隠れていて、単なる「野次馬」を感嘆し感激し、探索しまたは疑念を抱く観察者にします。最新作で私は、日本芸術への感動を表そうと試みました。しかしながら、そして私は、不足しているものがたくさんあることを認めなければなりません。日本の言葉と文字は私には未知です。日本の伝統、礼儀、生活習慣に関しては唯々初心者に過ぎません。または言い方を変えて:素朴派アーティストとして、純粋に視覚的に、なお一層日本との縁を築こうと試みています。…

 

Kirschblueten_vollendet